トップページ > 給与計算

給与計算代行Payroll

ただ単に計算するだけではありません。未払い残業代のリスクを軽減し、残業が増えた場合には、健康診断の受診をすすめる、担当部署の責任者にアラームを出す、担当業務の効率化を図るというところまで行います。
社員を守り、モチベーションを高めます。社員の方々にはコア業務に集中していただきます。

アウトソーシングするメリットGood point

サンプルイメージ

@従業員のスキルアップ
給与計算業務はあまり強いスキルにはなりません。
もちろん、深い知識を身につければ転職で有利になる可能性はありますが、それは複数の会社の処理をすることによってのみ身に付けることができます。
通常の会社にとってはコア業務ではありません。

結果、どれだけ正確に、早く行ってもあまり評価されません。これでは達成感や公平感がなく、モチベーションを阻害する要因になります。それらの業務から解放し、コア業務につき、スキルアップしていただきます。

Aストレスからの解放
社会保険関係は毎年法改正がありますが、給与計算もそれに影響を受けることがあります。来年4月からは残業代の計算方法も変わります。
常に新しい知識を付けていなければなりませんが、これを人事総務の担当者に押し付けるにはあまりに負荷が大きくなります。
社会保険同様、そういったストレスから解放されます。

B効率性、コスト
現在のコストと比較してみてください。委託のほうが圧倒的に安くできると思います。
自社で処理した場合、担当者の人件費、マネージャーの人件費、その他ソフトの購入、メンテナンス、バージョンアップ時の支払いなど多くの費用がかかります。

まずはITによりできるだけ機械的に処理し、どうしてもできない勤怠データの確認、問い合わせ、給与明細の発送、届出については人の手で、ただし大量に機械的に処理するのが理想です。

C適正な賃金に
給与の額はそれぞれ会社ごとに決められていますが、その金額の根拠はあいまいな場合があります。
本来であれば、同職種、同スキルの世間の相場と比較し、ほしい人材ならそれより上げる。そうでないなら低めにとするのが理想です。
我々が多数の給与計算業務を請負い、そこから分析、厚生労働省発表のデータと合わせ賃金の市況データを提供することができます。そして、それをもとに給与の額が現状のままでよいのか考えましょう。

D賃金から様々な改善策を
給与計算の為に把握したデータから様々な改善策の提案ができます。例えば

  • 業務コストを算出し、IT、委託などの代替案
  • 時間単位や曜日単位の売上と人件費からシフト、人員配置改善
  • 残業申請、許可制度の導入
  • 変形労働時間制の導入
  • 裁量労働時間制の導入
  • 残業代込の賃金制度
  • 高齢者の最適賃金
ページトップへ戻る

委託料金Fee

メニュー・料金のページです。

基本料金一覧Basic charge list

現在キャンペーン実施中です。
(キャンペーン期間:2012年3月1日〜6月30日まで)

※金文字がキャンペーン価格となっております。

オプション料金一覧Optional charge list

現在キャンペーン実施中です。
(キャンペーン期間:2012年3月1日〜6月30日まで)

※金文字がキャンペーン価格となっております。

ページトップへ戻る

給与計算業務範囲

給与計算業務には下記の業務を含みます。

勤怠管理方法の改善提案
WEB上での勤怠データ記録
勤怠データを元にした給与計算
法改正、保険料率変更等により計算方法に変更があった場合は連絡
有給休暇日数の管理
システムを利用した残業時間の最小化
賃金台帳の発行
源泉徴収簿の発行
源泉徴収票の発行
給与明細の発行
給与明細を各従業員のメールアドレスに送付
給与金額について従業員からの問合せ対応
残業時間が多かった場合、注意・警告を行う
業務コストを算出し、IT、委託などの代替案提示(不定期)
時間単位や曜日単位の売上と人件費からシフト、人員配置改善提案(不定期)
残業申請、許可制度の導入提案(不定期)
変形労働時間制導入提案(不定期)
裁量労働時間制導入提案(不定期)
ページトップへ戻る

給与サーベイServey

サンプルイメージ

給与サーベイ

給与サーベイとは、各社の賃金のデータを分析し、提供するサービスを指します。

定期的に各企業の給与情報を集計し、各社の給与がそれぞれ業界の、あるいは同一職種の中でどのくらいの水準なのか報告します。
これを行った場合、以下のようなメリットがあります。

@従業員が引き抜かれ、あるいは転職しないよう給与を調整
Aあるいは採用の時に参考にしたり
B昇進、昇格時の参考にすることができる

今まで日本では転職がそこまで盛んではありませんでしたので、こういったサービスは多くありませんが今後は必要になります。
あまり理論的根拠のない給与規程に縛られたまま給与を払うと、できる社員ほど辞めていきます。市況との整合性がとれなくなるからです。

現在はクライアント企業がそこまで多くないため、細かいデータはとれていませんが、それでも統計局・厚生労働省のデータを活用し、業種・職位別の賃金分布などを提供することは可能です。 また、今後取得できるデータが増えれば、 @保有資格、A社内の評価、B担当業務、C部下の人数、D終業後の過ごし方など、少しユニークな方法でデータを取ることも可能になります。
それらを使い、企業の新しい舵取りに使っていただければ幸いです。

グラフ2
Copyright(C) 2012 LSConsul All Rights Reserved.