ITの最近のブログ記事

取引先が増えてくるとその管理が難しくなります。

特に最近は携帯電話、メール、ソフトなど様々なところにデータを入力しなければならず、変更するのも容易ではありません。「オヌマ」さん、と思っていたらいや、「コヌマ」です!と言われてどっちでもいいでしょう、とはいえません。

すぐに直しておかないと。

こちらではiphoneを使い、そのデータをoutlookと同期しています。これで携帯電話とメールは使いやすくなるのですが、問題はPCの顧客データとの同期です。そこで、outlookのデータをExcelにする方法を考えます。あるいはcsvにすることにより、ソフトにインポートできるようになります。

 

個人的に好きなINDIRECT関数

| トラックバック(0)

Excel でINDIRECT関数というものがあります。

これ、意外と使い道があるのですが、説明がしにくい!
説明があまりにしにくいから流行らないのでしょう。

同じく説明が難しいのが=ROW()という使い方。
この後ろのかっこは何なのかと。

要領を得ない説明をしていると、なんだ酔っ払ってるのかと言われるので困ります。誤解です。お酒なんか飲んだこともない。

ITの力を利用して経営課題を解決、業績を上げた会社の事例がIT経営成功事例集に掲載されています。http://www.itouentai.jp/itjirei/case2008/index.html

その中で、原価計算をするためのシステムを導入したと言う事例が数件紹介されています。
確かに原価が分からなければ、自社の得意分野も、適正な受注価格も分からず、会社の方向性を誤らせることになります。

我々社会保険労務士もコストはほとんど人件費ですが、それが一体何に、いくらぐらい発生しているのか把握するのは容易ではありません。

そんな時に、原価(人件費)を把握するためのツールがあります。

 

ホームページ上にどうしてもあまり見られたくないものを掲載することもあります。特定のページを見られないようにするにはいくつか方法があります。

① 長いURLにして、どこからもリンクさせず、単体で置く
 (リンクしていないため、通常はたどりつけない)
② Java scriptなどでパスワードの入力を求める

しかし、一度ブックマークすると何度も見られてしまう、あるいはソースを見るとパスワードが分かってしまったりするなどの問題もあります。
(遷移先のアドレスをパスワードに設定し、ソースからは見れないようにすることもできるようです。http://allabout.co.jp/internet/hpcreate/closeup/CU20041220A/index2.htm

今回は、.htaccess、.htpasswdを使いアクセス制限、パスワード入力を求める方法を試してみました。

VB2008 Tips

| トラックバック(0)

Visual Basic 2008で個人的に良く使うものを集めています。

社会保険になったり、労働問題になったり、VBになったり。
話題がごちゃごちゃでよくそれで見ていただけるもんだと、驚きます。

アクセス解析からIPアドレスをたどると、どこから閲覧されているかわかる場合もあります。最近時々表示されるのが防衛省と日本銀行。

怖い怖い。

現在多くの人は情報収集時にインターネットを使います。

先日発表された総務省の調査では
インターネットの月間平均利用回数は 27回
インターネットの月間のべ利用者数は 4,775万人
とのこと。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000035044.pdf

また、企業のサービスを受ける場合、約8割が事前にホームページを見るとの調査も聞いたことがあります。
今後は企業も、商工会議所などの団体も、個人事業主も全員ホームページを作ることになるでしょう。今回はなるべくお金をかけずにホームページを作り、ブログも同時に使い、アクセス解析までするにはどうすればよいか考えてみたいと思います。

WEB上で使える業務支援システム

| トラックバック(0)

昨年と比べるとIT関連の投資額は減少する見込みです。
ある調査によると昨年度と比較し、投資を増やすと回答している企業は約1割ほどとのことです。

また、今年の国内ITサービス市場は対前年1.9%減少するとの予測もあります。

今まではソフトを買い、自社で保有し、メンテナンスやグレードアップの度に資金を払い、またシステム要員を雇う必要がありました。
しかし、ASPやSaasなどが流行りだすことにより、出費が少なく済むようになって来ています。

なるべく安く、WEB上で使えるものは使いたいものです。
今回はそんなものを集めてみました。

前回、VBScript の使い方を取り上げました。
http://lsconsul.com/mt/2009/08/vbscript.html

今度は、実際に労務管理に使えそうなツールを作ってみたいと思います。

・ログイン時刻を記録 
・残業していた場合、警告を表示、さらに残業理由を記録させる 

労働時間について、従業員の申告だけを管理しておればよいわけではありません。
・タイムカード、ICカードなど客観的な記録で確認する
・自己申告による労働時間が実際の労働時間と合致しているか必要に応じて実態調査を実施することなどが求められています。

今回作るツールは、まさにそのような管理の1つの方法になるのではないかと思います。

VBScript の使い方

| トラックバック(0)

Windowsが入っているパソコンならほとんど、「無料で」、「そのまま」、「だれでも」VBScript というプログラム言語を使うことができます。

この言語、メモ帳でつらつらと書いていきますので、新たに操作方法を覚える必要もあまりありません。さらに、もともとはVisual Basic という分かりやすい言語でできています。Excel のマクロをかじった人はそれと同じですからやりやすいでしょう。

(注: Visual Basic, Visual Basic for Application (エクセルマクロ)にあって、VBSで使えない機能はいくつかあります。 Windows API, Dir, Strconvなど)

今回は、実際にVBScript の使い方を見てみましょう。

Windows7の発売

| トラックバック(0)

順調にいけば、今年(2009年)末にWindows Vistaの後継、Windows7が発売される見込みです。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/05/12/23391.html

Vistaに比べて全体的なパフォーマンスの向上・軽量化が図られているということです。これはMicrosoftがマーケットを見誤ったVistaの発売から方向を大幅に変えたことを意味します。
そして、同時に将来のPC,インターネットなどの姿が徐々に明らかになっています。