トップページ > 助成金支給額試算

助成金支給額試算Subsidy

助成金の金額を計算できます

新規雇用関連助成金支給額試算

新しく人を採用することにより支給される助成金があります。このページでは要件に合致するか、金額はいくらになるか計算することができます。

対象は中小企業基盤人材確保助成金、特定就職困難者雇用開発助成金、高年齢者雇用開発特別奨励金です。

まず、必要な書類、要件がありますからそれを満たしているか確認します。以下のチェックリストを見ながら、該当する場合はチェックしてください。

雇用保険に加入していない
最近2年間に労働保険料の滞納がある
過去助成金の不正受給あるいはその未遂による3年間の不支給措置に該当している
計画提出、もしくは雇入れ前日のそれぞれ6か月前から1年間事業主都合離職者がいる。
計画提出、もしくは雇入れ前日のそれぞれ6か月前から1年間特定受給資格者が3人以上でかつ被保険者の6%以上にのぼる。
労働関係法令の重大な違反がある
小売・飲食業で出資・資本金が5,000万円以下、又は従業員が50人以下
サービス業で出資・資本金が5,000万円以下、又は従業員が100人以下
卸業で出資・資本金が1億円以下、又は従業員が100人以下
卸・小売・サービス業で従業員が5人以下
従業員が20人以下
中小企業労働力確保法で定める中小企業に該当しないと思われる
職安に求人を出していない
65歳以上を雇うのはちょっと厳しい
60歳以上、障害者、母子家庭の母、中国残留邦人等永住帰国者などは何があっても雇いたくない
健康、環境、情報通信等の新分野、異業種に参入し施設、設備に250万以上投資する予定がある。
創業準備から6か月以内に改善計画認定申請書、実施計画認定申請書を提出していない、あるいは提出が厳しい
計画認定申請書を提出前に雇い入れてしまっている
雇入れ直後の賃金締日翌日6ヶ月後から1ヶ月以内に申請していない、あるいは申請が厳しい
出勤簿、労働者名簿、賃金台帳、総勘定元帳などで提出できない書類がある
何名雇いますか

チェックが完了したら下のボタンを押してください。

    

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2012 LSConsul All Rights Reserved.