トップページ > 助成金支給額試算

助成金支給額試算Subsidy

助成金の金額を計算できます

助成金支給額試算

サンプルイメージ

助成金は、職場の環境を少しでも良くしようとしている会社に支給されます

言い方を変えると、助成金を活用すると職場の環境を改善できるし、同時にお金ももらえる、ということになります。

助成金の資金はもとは労働保険料として会社が払ったものです。
助成金を活用しないとすると、自分が払ったお金の一部が他社へ、それも競合他社の環境改善の為に使われる可能性もあります。

会社を少しでも良くしたいとお考えであれば是非検討してみてください。
以下、皆さんにどの助成金があうのか、そして申請ができるのか、いくらもらえるのか簡単に試算できます。

新規雇用関連助成金新たに人を雇ったときに支給されます

新たに人を雇ったときに支給される助成金があります。その多くは、雇う前に手続きを行い、そして実際に雇った後半年ごとに申請をします。順番を間違えると支給されませんのでご注意ください。

定年引上げ関連助成金定年以降も働ける制度を整えたり、あるいは定年を引上げた場合に支給されます

定年は60歳でもかまいませんが、それ以降ある程度の年齢までは継続して働けるよう、制度を整える必要があります。そして、場合によってはそのような制度を作った時に、助成金が支給される可能性があります。

雇用調整関連助成金売上が減少しても従業員を解雇せず休業・教育訓練を行ったときに支給されます

3か月ごとの平均で5%以上売上、あるいは生産量が減少している場合に、従業員に休業・教育訓練を命じると、その賃金の一部、及び教育訓練として最大6,000円/日が支給されます。要件が数回にわたり緩和されたこと、及び金額が多いことなどから多くの企業に利用されています。

一方でこの助成金の不正受給も多く発見されたため、今年に入ってから提出書類など、若干厳しくなっています。

教育訓練関連助成金従業員に体系的に教育訓練を行った場合支給されます

会社全体の業務、人員配置なども勘案した上で体系的にカリキュラムを作り、教育訓練を実施した場合に一定の金額が支給されます。また、新入社員に対する教育などについても支給されます。

ただ、カリキュラムをしっかり作る必要があるため、あまり従業員が多くない企業についてはメリットが少ないかもしれません。

育児休業関連助成金育児休業、あるいは子育てをする従業員がいた場合支給されます

初めて育児休業を取得したり、あるいは育児休業をする従業員をサポートする制度を作り、実際に活用した場合に支給されます。

全部で5,6種類あり、それらを組み合わせると育児休業者1人あたり250万円以上支給されることもあります。

均等待遇関連助成金パートタイマーと正社員の均衡を改善した場合に支給されます

パートタイマーもしくはフルタイムの有期雇用契約者について、正社員と同様の評価制度を設けたり、あるいは正社員転換制度を導入することにより、一定の金額が支給されます。

必ずしも正社員と同じ評価制度ではなくても、パートタイマー独自の評価制度でも導入すれば支給される場合がありますので、ある程度楽に申請することができます。

派遣社員関連助成金派遣社員を直接雇用した場合に支給されます

派遣社員を直接雇用した場合に支給されます。

ちなみに、派遣社員を活用する場合、多くは受け入れ可能期間に3年など制限があります。それを超えてしまうと直接雇用する義務が発生します。もしそうなるのであればそれより前に直接雇用し助成金をもらうようにしましょう。

介護事業所向け助成金介護関係の事業所に支給されます

介護業界向けについては特に多くの助成金があります。活用できるものがないか確認しましょう。



これらすべてについて、こちらでは相談無料、成功報酬のみ受給額の15%で代行しております。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2012 LSConsul All Rights Reserved.